第40回CoderDojo市川開催報告(2020年4月26日)

coderdojo20200426

チャンピオン(道場主)のツチヤです!CoderDojo市川の第40回目を開催しました

・日時:2020年4月26日(土)10~12時
・場所:オンライン
・参加人数:Ninja6名
・テーマ:Scratch、IchigoJam、micro:bitを使ってプログラミングに親しむ

先月に引き続き今回もオンラインでの開催となりました。

Zoom社が提供している「新型コロナウィルスによる全校休校 マナトメサポートプログラム」を活用させて頂きました

教育機関でもなく法人でもない私達の活動に対して、ご理解と賛同を頂き感謝申し上げます

Zoom公式サイト
 https://zoom.us/
学びを止めない未来の教室
 https://www.learning-innovation.go.jp/covid_19/zoom/

オンライン開催ですが初参加のNinjaを迎えて、お互い緊張しながらの開幕となりました

幸いにしてZomm利用経験がある中学生でしたので(スゴい!!)ツールの使い方には戸惑いなく対応してくれていました

また普段CoderDojo浦安やCoderDojo市川に参加してくれていたNinjaも来て、久しぶりに顔や声を見る事が出来て、とても嬉しかったです
coderdojo20200426

通常の開催だとNinjaもメンター達も思い思いに制作に取り組んでおります。そうするとオンラインの場合は沈黙が続く事になり反応が読めなくなります。。。何をしたら良いのだろうと、メンター達は戸惑う事も多いですが、Ninja達はあまり気にせず、制作に取り組んだり、画面共有で作品を見せっこしております。

後半になると初参加のNinjaも雰囲気に慣れてきたのか、聞きたかった事を質問して来てくれました。

coderdojo20200426

常連組もコツコツと作品作りを続けていたようで、時間ギリギリまで発表を続けておりました。

CoderDojo市川には遠方にも関わらず、参加してくれるNinjaやメンター達がおります。オンライン活用は今後も検討を進めて、Ninjaやメンターの「学びを止めない」活動の一助を担いたいと考えております

メンターやNinjaが発表した作品の一部はCoderDojo市川のスタジオで公開しておりますので、こちらも参考になると良いなと思っています
https://scratch.mit.edu/studios/4067053/

次回開催は2020/5/24(日)となります。楽しい時間をありがとうございます。またお会い出来る事を楽しみにしております

次回のCodorDojo開催予定

2019年CoderDojo市川活動報告

coderdojo20191231

coderdojo20191231
CoderDojo市川チャンピオンの土屋です

12月22日の36回目を持ちまして2019年のCoderDojo市川開催が全て終了いたしました。簡単ではありますが2019年の活動を振り返ります

開催回数
* 月1回ペースで12回開催しました。うち1回は千葉県下のCoderDojoとの共同開催です

Presentation Day 2019 in 神田外語大学 KUIS

参加Ninja数
* 延べ94人のNinjaが参加しました。1回辺り6-10人ぐらいの参加で推移しております。近隣にお住まい以外も遠方からこちらへ継続的に参加されているNinjaもおります
coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

付き添い保護者数
* 延べ66人の保護者が参加されました。いつも見守りありがとうございます。
coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

見学者
* 延べ38人の見学者が訪れました。メンター希望、取材、CoderDojoやその他コミュニティ立ち上げの参考、学生といった方々が訪れ、引き続きメンターとして参加される方も現れてありがたいです
coderdojo20191231

coderdojo20191231

メンター
* 延べ51人のメンターが参加しました。1回辺り4-5名のメンターがNinja達の学びを支えました
coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

PC貸出
* 延べ29台の貸出利用がありました

寄付
* サポーター協賛金 10,000円
* 来場者寄付 65,230円(含む商品券)
* その他寄付 500円
* 合計 75,730円
会の運営趣旨にご賛同頂き協力頂き感謝申し上げます

支出
* 会場利用料 55,000円
* 合計 55,000円
備品、書籍は有志や他のCoderDojoから提供頂いておりますので、こちらの支出額に計上していません

繰越金
*20,730円
繰越金は2020年の活動資金として活用させて頂きます

雑感
* 兄弟姉妹で参加されるninjaが増えております。どちらかが興味を持つと一緒に参加される確率が上がるようです

  • 学生から現役エンジニアとなった社会人メンターが新たに参加した学生達へ社会人の先輩として、色々アドバイスをしております

  • メイン開催場所のせかんどほーむさんは民間の学童保育施設という事もあり、Ninja達が過ごしやすい環境設計されており、Dojoの開催場所としてもフィットしています

  • CoderDojo浦安との連携は互いの道場のメンター達との交流や支援を通して密に行っております。二つのDojoに通うNinjaも現れました

  • 近隣から参加するNinjaが友人を連れて参加してくれたりと、地域に根付いた活動になってまいりました

  • 発表を楽しみにしているNinjaは前日迄に家で仕込みを終えて、当日は微調整しながら過ごしている場合もあります

  • 書籍を写経するという事もひとつのハードルとなる場合があり、カード等の細かい粒度での体験も必要という事が分かりました

  • 様々な教材が増えている事での選択や上達したNinja達のレベルに応じた体験を行っていけるかが課題です

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

最後に
「子供達にプログラミングを教える」事が「自分達の学び」となり「世代、職種を超えて互いに学び合う環境」が醸成されている事を実感しております

CoderDojoを通じたボランティアコミュニティ運営について話して欲しいという機会を頂くことが増えました。活動理念を広める機会を頂き感謝申し上げます。

2020年も1名でも参加申し込みがある限りは、継続していく事を第一に念頭において活動して参ります。引き続き宜しくお願い申し上げます
coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

coderdojo20191231

第30回CoderDojo市川開催報告(2019年06月23日)

coderdojo20190623

チャンピオン(道場主)のツチヤです!CoderDojo市川の第30回目を開催しました
・日時:2019年6月23日(土)10~12時
・場所:せかんどほーむ 千葉県市川市塩焼2丁目2-65 桜井ビル1 2F
・参加人数:Ninja9名
・テーマ:Scratch、micro:bit、IchigoJam等で何かを作ってみる

梅雨に入りはっきりしない陽気が続いておりますが、なんとかお天気ももってくれたお陰でしょうか、今回は9名のNinjaが来てくれました!ご参加ありがとうございます🙇‍♂️

場所はいつもの「せかんどほーむ」です!心地よい空間をご提供頂きありがとうございますm(_ _)m
coderdojo20190623

CoderDojo市川で活用している書籍の一部を施設の書棚で共有させて頂きました。CoderDojo開催時以外でも読む事が可能になりました!
coderdojo20190623

最近はリピーターも増えてきました。この雰囲気を気に入ってくれたのかな?と思うと、とても嬉しいです
coderdojo20190623

リピーターNinja&リピーター保護者の間でも会話が増えてきてたりすると、何気にメンターに聞かなくともいつの間に解決していたりということもあったり
coderdojo20190623
coderdojo20190623

手の空いたメンター達は何やら密談しているようです
coderdojo20190623

リピーターのお姉ちゃんNinjaが楽しそうなので弟くんも初参加。まだ未就学ですが中々にスジが良いです(驚)
coderdojo20190623

この後に撫でさせて頂きました
coderdojo20190623

作成タイムと同じぐらいに楽しみしているNinja達が多い発表タイムです!

大小の様々なバナナが乱舞しておりました!発表を見守るメンターとそれを見守るメンターと、それを撮影するメンター
coderdojo20190623

初参加のNinjaも臆する事なくチュートリアルを改造しておりました!
coderdojo20190623

敵かと思ったらそうでなかったり、急に思い出したように動く的とか、とにかくトリッキーな仕掛け満載の脱出ゲーム!
coderdojo20190623

今回はmicro:bitメインでの作品発表でした。色々チャレンジしているので、作品の幅がどんどん拡がっています!
coderdojo20190623

久しぶりに復帰し出したNinjaは以前よりシュールに作風にイメージチェンジ、Ninja&保護者&メンターに大反響でした!

高校生メンターはクラウド変数を活用して、別々のPCで対戦可能な格闘ゲームを鋭意作成中との事です(驚)

メンターやNinjaが発表した作品の一部はCoderDojo市川のスタジオで公開しております。作品の共有をお待ちしております!
https://scratch.mit.edu/studios/4067053/

今回開催時に4,701円の寄付をいただきました。会場利用料に充当いたしました。皆様のご支援感謝いたします🙇‍♂️(不足分については前回繰越金を使用しました)

2019年7月28日(土)10~12時の予定です。詳細は以下のボタンからご確認ください。

次回のCodorDojo開催予定

2018年CoderDojo市川活動報告

CoderDojo市川20180722

CoderDojo市川チャンピオンの土屋です

12月9日の24回目を持ちまして2018年のCoderDojo市川開催が全て終了いたしました。簡単ではありますが2018年の活動を振り返ります

開催回数
* 月1回ペースで12回開催しました。うち2回は千葉県下のCoderDojoとの共同開催です

でかドージョー

小学生向けプログラミング学習イベント「でかドージョー」に参加してきました

Presentation Day 2018 in 神田外語大学 KUIS
http://coderdojo.i-project.cc/coderdojo20181209/

参加Ninja数
* 延べ61人のNinjaが参加しました。1回辺り4-7人ぐらいの参加で推移しております。約半数近くが近隣にお住まいのNinjaの継続参加になってきました
CoderDojo市川20181125

付き添い保護者数
* 延べ49人の保護者が参加されました。見守りありがとうございます。作品作りに一緒に取り組まれている方々もいらっしゃいます
CoderDojo市川20180128

見学者
* 延べ18人の見学者が訪れました。メンター希望、取材、CoderDojo立ち上げの参考、学生といった方々が訪れ、引き続きメンターとして参加される方も現れてありがたいです
CoderDojo市川20180722

メンター
* 延べ25人のメンターが参加しました。1回辺り3-4名のメンターがNinja達の学びを支えました
CoderDojo市川20180722

PC貸出
* 延べ26台の貸出利用がありました

寄付
* サポーター協賛金 10,000円
* 来場者寄付 40,362円(含む商品券)
* 合計 50,362円
会の運営趣旨にご賛同頂き協力頂き感謝申し上げます。

支出
* 会場利用料 41,250円
* 合計 41,250円
備品、書籍は有志や他のCoderDojoから提供頂いておりますので、こちらの支出額に計上していません

繰越金
* 9,112円
繰越金は2019年の活動資金として活用させて頂きます

雑感
* 見学にきていた学生が現役エンジニアとなり、社会人メンターとして引き続き参加しております。新たに参加している学生達との交流も活発になっております。
* メイン開催場所のせかんどほーむさんは民間の学童保育施設という事もあり、Ninja達が過ごしやすい環境設計されているところが、Dojoの開催場所としてもフィットしています。
* CoderDojo浦安との連携は互いの道場のメンター達との交流や支援を通して密に行っております。二つのDojoに通うNinjaも現れました
* 近隣から参加するNinjaが友人を連れて参加してくれたりと、地域に根付いた活動になってまいりました
* 2019年よりScratch3.0にバージョンアップされ、様々なデバイスとの連携が可能となりました。その反面、それを楽しむには今まで以上に機材、備品の充実が必要となり、調達が課題となっています。
CoderDojo市川20181209

最後に
「子供達にプログラミングを教える」事が「自分達の学び」となり「世代、職種を超えて互いに学び合う環境」が醸成されている事を実感しております。
2019年も上記を踏まえて1名でも参加申し込みがある限りは、継続していく事を第一に念頭において活動して参ります。引き続き宜しくお願い申し上げます。
CoderDojo市川20180128

2017年CoderDojo市川活動報告

CoderDojo市川2017

CoderDojo市川チャンピオンの土屋です

12月24日の12回目を持ちまして2017年のCoderDojo市川開催が全て終了いたしました。簡単ではありますが2017年の活動を振り返ります

開催回数

  • 月1回ペースで12回開催しました。うち1回はCoderDojo浦安との共同開催です

参加Ninja数

  • 延べ89人のNinjaが参加しました。1回辺り5-8人ぐらいの参加で推移しておりますが、近隣Dojoも増えている事から遠方からの参加は減少傾向にあります

付き添い保護者数

  • 延べ48人の保護者が参加されました。見守りありがとうございます。参加回数が多いNinjaは保護者付き添いなしで来る事が多くなっています

見学者

  • 延べ17人の見学者が訪れました。取材、Dojo立ち上げ参考、学生といった方々が訪れ、見学後にメンターとして引き続き参加される方も出てきました

メンター

  • 延べ68人のメンターが参加しました。1回辺り5-6名のメンターがNinja達の学びを支えました

PC貸出

  • 延べ30台の貸出利用がありました

寄付

  • サポーター協賛金 10,000円
  • 来場者寄付 37,431円
  • 合計 47,431円

回を重ねる毎に来場者寄付が減少傾向にあるので、運営資金の調達方法を引き続き模索していきます

支出

  • 会場利用料 45,000円(含む商品券)
  • 駐車場利用料 1,000円(機材搬入、搬出)
  • 合計 46,000円

備品、書籍は有志や他のCoderDojoから提供頂いておりますので、こちらの支出額に計上していません

繰越金

  • 1,431円

繰越金は2018年の活動資金として活用させて頂きます

BPStudy #122
BPStudyというIT勉強会で「プログラミング教育」をテーマにCoderDojo Japanの安川理事、宮島理事、CoderDojo藤沢のアリー氏と発表させて頂きました。私は初めてのコミュニティ運営の試行錯誤の様子をお伝えさせて頂きました。子供の教育に関心を持っているエンジニアや他の地域で活動されているCoderDojoの方々との交流を増やすことができました。

浦安市民フェスティバル
CoderDojo浦安と共同でオープンイベントとして出展いたしました。ご年配層の方々が興味を持って訪れている事が印象的でした

Presentation Day2017 in 幕張
千葉県のCoderDojo合同での発表会にメンター発表で参加させて頂きました

CoderDojo西新宿 見学
休日の都心で開催されるCoderDojoは参加層に拡がりが出る可能性をとても感じました

CoderDojoこだいら 見学
平日の夜に開催されるCoderDojoは常に常連Ninja達に徹底的に向き合う姿勢が印象に残りました

雑感

  • 初めて経験するコミュニティ運営初年度でしたが、CoderDojo若葉で1年程度、修行をしていた事もあり、比較的スムーズに立ち上げる事ができました。

  • メイン開催場所のせかんどほーむさんは民間の学童保育施設という事もあり、Ninja達が過ごしやすい環境設計されているところが、Dojoの開催場所としてもフィットしています。

  • ほぼ同時期に始まったCoderDojo浦安チャンピオンの転居と、加えて故郷のCoderDojo木更津開始に伴い、こちらのお手伝いもする事も多くなりました。互いの道場のメンター達との交流や支援を通して、3つのDojoの連携は密になってきています。

  • 近隣にDojoが増えた事もあり遠方から参加するNinjaは減ってきております。より地域の子供達にこの活動が認知される必要があります

  • 反対にCoderDojoに興味を持った社会人、学生の見学、メンターとしての参加が増えてきています。取材、Dojo立ち上げの参考、社会貢献活動と参加目的は様々ですが、活動を取り上げて頂けている事の成果が現れているようです

  • 参加時の寄付は減少傾向です。回を重ねる事で1家族での複数人参加、付き添いなしでの参加が増えた事も要因かもしれませんが、参加者の寄付をメインとした資金運営自体が難しいのかもしれません。サポーター参加の呼びかけや、他の調達方法を行う必要があります

最後に

「子供達にプログラミンを教える」事が「自分達の学び」となり「世代、職種を超えて互いに学び合う環境」が醸成されている事を実感しております。

2018年も上記を踏まえて1名でも参加申し込みがある限りは、継続していく事を第一に念頭において活動して参ります。引き続き宜しくお願い申し上げます。

CoderDojo市川2017